FC2ブログ

障害物を超えて行け

2019/11/06 Wed

全くブログが進まず反省です。

最近の一ツ谷

夏は暑く、身体が持たないと思い一度トレーニングを勝手に休憩

9月より開始!急にやりすぎて腰をやっちまう

10月から腰が治ったところで、長い風邪

そして本日、左腰を痛めました。

自分が同じ目にあったとして

これは不運!残念だったね

暑かったからしかたないよ!

と思う人もいるかと思います

しかし自分的には、身体が弱い、体調管理もできていない、暑いという言い訳を作り自分を逃げる方向に向けた

結局己が弱いだけ

と感じます。

暑い中選手は頑張っていた

体調を管理してやっていた

勝ち進む人はやっている

目的に向かって突き進めば、平らな道ばかりではありません。

デコボコ道、山あり谷あり、高い壁、様々な障害物が行手を阻みます。

あきらめれば簡単です。

障害物という試練、大変なことから逃れますしね。

向き合う必要もありませんから楽チン極まりないです。

しかし目的を達成したい、どうしても達成したい!

そんなふうに思えれば突破していくだと思います。

もちろん人の力を借りて、知恵を借りて進むのでしょう。



突き破って突破する!

乗り越えていく!

しかしですね、そこまでして進みたくはない

突き破る?

そんなことは自分にはできない

乗り越える?

そんな大変なことしてまで進みたくはない

そんなこと言い出したらどうしますか?

だったらお前なんかやらなくて良いー!

中途半端にやりやがって!さっさとやめろ!!

と言いますか?

その子本当に辞めると思います。

一ツ谷思うのですが、その子が何かをやりたいと言い出した。

その瞬間は希望や夢など大なり小なりあったのではと思うのです。

しかし、現実は違った。

やってみれば思ったよりも大変、苦しい、うまくいかない、なんか違う、自分には合わないんだなど、挫折?のようになり

逃ていくようになる

気の良い仲間を見つけてふざけだす

楽しいことだけやる

違うスポーツをやる

そんな不真面目な状態では行けないと思い辞める道を考える


その子の人生ですから、好きなこと思いっきりやったら良いと思います。

しかしですよ、何事もやってみれば違う

障害物が色々ありますよね?当たり前ですよね?

それを乗り越えるときにレベルアップするのではないでしょうか?

だから周りの大人はその子を支える

できると励ます、夢を諦めるなと背中を押す

一緒に苦しむ、、、

支えが必要なのでは?

もともとできる子は何でもないです、簡単に乗り越えていきます。

でもそんな子だって、この先大変な障害物がある訳です。

結局乗り越えていかなくては先には進めないのですよ


自分の子供には強く生きてほしい

と思います。


人生順風満帆に進むわけがない

取り除けるならば、親が身を削り風除けになり、正しい道を全て指し示すナビになる

そんなこと思いますが無理かと

結局親の方が先にいなくなるわけで、子はその後生きていく

だったら己が生きるための力はつけてほしい

 そのために両親ができることは何なのか?

たくさんの愛を注ぎ、でも甘やかすわけではなく、子供が一人で乗り越えていけるようにサポート、あくまでサポート。前に出ることではない

自分は現在そう思います。

他の正しい答えもあるかもしれません

しかしですね、これだけは最後に書き込みたい

両親は、子供の成長を妨げる行動はやめていただきたい。

見守ってあげてほしい、危なくなった最後にでてきてズバッとやってほしい。

守ってしまっては、子供は自分で何もできなくなります。

あれもこれも、洗濯掃除食事すべて身の回りのことをやってもらった子供が自分でやるんでしょうか?

自分はやらなかったですよ。

親のせいにはしませんがね。

だから、こそ親から離れて分かったことは多い。

可愛いからこそもっと旅をさせて欲しかった、

旅をさせれる状態ではなかったかもしれません。

でもだからこそ、子供にやらせてほしい

大変なことが起きないように見守ってほしい

障害物を超える力を身につけさせてほしい

そんなことを思います。

強くなる!強くなりたいと思うのは本人。

何事も平ではない。

だからこそ、歩き方を学べるのかと思います。

でも大変

だからこそ全力でケア、サポートが必要なのではと。

子供たちよ

強くなっている人たちは、1人の力だけではないのですよ。

コーチ、スポンサー、大会会場のスタッフ、もちろん支援してくれているご両親

みんなで障害物を乗り越え、より先に、より高い場所に行けば良いのです。

周りを頼りなさい

1人の力は限度がある。

頼って得た勝利はもちろん本人の力です。

実力というやつです。

自分の力なんだけど、1人だけの力ではないこと、理解してくださいね。

最後上手くまとまりませんが、親もコーチも、子供の成長のためにできることを頑張りましょうという話でした。

一ツ谷



スポンサーサイト



プロフィール

panda

Author:panda
株式会社湘南スポーツアカデミーコーチングスタッフ一ツ谷と申します。
現在イザワテニスガーデン 、テニスガーデン綾瀬で日々レッスンを行なっております。
ジュニア育成を通して、子供達と共に日々成長できるよう頑張るです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
滞在中
現在の閲覧者数: