fc2ブログ

息子を通して、人生を考える父

2021/04/06 Tue



うちのBabyも、あと数日で4歳!

時が経つのは早いです。

うちの子も含め、生徒の子供たちを見ても思う

子供の成長は早い!


写真は手洗い場に、なんと台無しでクリアした時のものです。

帰ったらまず手洗いうがいをやる我が息子

父がやってないのを見つけては、すぐ注意しに来ます

「ちゃんとやったのー?!」半ギレで

マスクもそうですね

今はつけなくても良いよ、と言っても

「コロナウィルスだからつけなきゃダメなんだよ!」

と一丁前に正論

すみません。。の一言ですね。

大人の話をよく聞いて成長している我が息子

嬉しくもあり、悲しいですね。

成長ともに自分から離れていくんだな~と

だからこそできるだけ、愛情は注ぎたいと思う日々

家族にしても、他人にしても、自分には何をしてあげれるのか?

自分はそもそも何が出来る人間なのか?

最近よく考えてしまいます。

自分は親として、コーチでして、人として

誰かのためになにか役に立てることをすることが使命なのではないかと思うのです。

でもそれがテニスなのかはわかりません。

今はその時なのだと思いがんばる決意はしました!

だからいまを生きる!そして未来のために考える!

が今の自分ですね

息子のためにも、自分のためにも、生き生き仕事頑張ります!



スポンサーサイト



卒業!そして新たにスタート

2021/04/06 Tue






4月から進学に向けて、みんな新たな道へ旅立っていきました!

1番長い子で3~4年にもなりました。

今考えればとても長い時間

一ツ谷もコーチとしていろいろな経験をさせていただきました。

相馬さんには関東大会!白子に連れて行ってもらいました。
全国に向けて切磋琢磨している子供達を見ることもできて、非常に良い経験をさせてもらいました。

よく話した時期もあり、どうやってこの子をテニスに向かわせれば良いのか迷った時期もありました。

大丈夫かな?と心配になった時もありました。

でも結果を見れ成長

あんなに小さかった子が、今や憧れの先輩に成長。

そして置き土産まで置いて行ってくれました。

その気持ちに答えれるよう一ツ谷はコーチとして一皮二皮剥けなくてならい!と思わせてくれました。

この手で関東にまずは送り出す。

コーチとして決意です。

子供とコミニュケーションを取り、共に目指します!

人数が減りましたが、その分個々と接する時間を増やし、一人一人に力になれるようチャンスにします。

人数が少ないデメリットは、コーチの行動でカバーしてみせます。

遠征も考えていましたが、今の時期は無理せず温めておきます。

まずは4月終わりに外部と練習試合を予定します!

それまでみんなを鍛え、声を枯らし応援しいと思います!

強い子はより強くなる、なんでもない子でも正しい努力を行えばきちんとレベルアップする!

モットーに頑張ります!

イザワテニスガーデンはこちら
http://ssaizawa.com

一ツ谷

まだまだ足りない!

2020/09/10 Thu

暑さが続き若干バテ気味な一ツ谷です。

しかしそんなこと言ってる場合ではない!

現在隙間時間をつくりテニスの勉強は継続中、そしてジュニアが筋トレが必要になったときのために筋トレも継続中!

両方やればやるほど足りない自分に気づきます。

先ほども勉強したものをプリントアウトして読み返してみましたが、こんなんでは本にもならない。

本を作るぐらいの勢いで調べてメモって実践、この繰り返しをペースUPですね。

コートで今まで見えなかった、子供たちの上達へのワンポイント、見える箇所は増えてきましたが、もっと増やしたい。

そして何より結果が欲しい。

自分に対して厳しいこと、苦しいこと、やる分には耐えれる自信があるんですが、他人にとなると最近とても心配。

先日も昔の共に頑張った子供達と話をしましたが、驚くことばかり。

そんなこと考えていたの??の連発

でも今もテニスが好きで続けている

それだけはホッとするというか、良かったと思うところで

決して子供を苦しめている気は無いのですが、結果みんなは苦しんでいる。

じゃあコーチとしてやればやるほど苦しめてしまっているのか?

でもやらない中途半端な関係はやる気になれないですしね。

なんだか現在揺れていますね。

一緒に走って、苦しい思いして、一休みしてまた頑張るか!

そんな日々がよい!

いつまでも若いとか言っていられませんしね。

そのためにもやはりやるべきことは決まってきますね。

んー!

まず仕事終わらせて取りかかりますか!

一ツ谷

http://ssaizawa.com

どうやったら気づかせることができるのか

2020/07/31 Fri

昨日は久しぶりに朝からレッスンもできて、お天気も少し持ちましたね

夜もチームの練習ができて、やっとできたな~としみじみ思う所です。

先日火曜は雨でしたがリトルの子に来てもらいお勉強会!

水、木はオンコートでガンガン打ちました!

雨もそろそろ減り、練習できる量はやっと戻ってくるのだろうと安心もありながら、どうやったら子供たちに大切なこと?伝えれれるのか、気づかせていくことができるのか

そんな風に思いました。

本人たちがこういう風にしなくては!

そう思ってくれれば取り組み方も変わる

ここでもう一球返球できれば相手にプレッシャーをかけることができる

ここでもう一本我慢して、相手に打たせれば追い詰めることができる

相手のショットはアウトだけど、あきらめず拾うことで自分は足が早くなる、守備力があがるんだ

キツくて楽をしたい、誰もみてないしさぼろう。。。でもここで頑張ることで自分は強くなれる

そんな風に苦しい瞬間を、前向きに考えてくれたらなと

ちょっときつかったり、ちょっとうまくいかなくなれば、自分は才能がないからもう無理だ、自分にはできないんだ、

弱い心に自分が支配されてしまうというのでしょうか。

苦しい時にトレーニングをやめる、ボールを追わない、その瞬間は楽になる

諦めることはとっても簡単

時間に関しても同じですよね

自分は周りより忙しいから、時間がないからこんなもんしかできないんです

とにかく自分に対して、やれない理由?言い訳チックなことを口にすることってなにになるの?

なんのメリットになるの?

不平不満を口にする

できない言い訳を口にする

みんなは試合中1人で戦わなくてはならない

分からないことは知恵を絞り

苦しい瞬間は歯を食いしばり、心臓が飛び出そうになってもボールを追いかけて返球し続けなくてはならない

うまくいかない時は、どういう行動すれば自分の気持ちは上がるのか?

キレちゃうの?自分を励ましてあげるの?それとも黙る?

ミスが出そうだけど、チャレンジして打たなくてはいけない場面もある、判断決断しなくてはならない

すべてみんな一人一人がやらなくてはいけないのですよ

こういうことをもっと伝えるべきなのでしょうか

だからこそ、コートの上では疲れた、もう無理だ、分からない、口には出さずともボールを追わないとか

やるべきではないんではないかい?

やるべきことは他にあるのではないかい?

コート上で勝つためにやるべき事

言い方を変えれば自分自身が成長することが勝ちに近づくことなんだよと

コーチ自身がもっとこういったことをはっきり頭に描き、考え想いを込めて言葉にして伝える

もう一度整理してみたいと思います

その上で今日も夜ガンガン行きますよー!!

まずは周りの人以上に打って打って打ちまくる!

一ツ谷

http://ssaizawa.com
チームに関して、ジュニア大会関して、諸々こちらからお願い致します!



今やれることをやるしかないでしょ

2020/07/20 Mon

本年の強化合宿は残念ながら延期としました。

東京や、全国的にコロナウィルスが再流行
その為苦渋の決断となりました。

今は大会も少なく、モチベーションの維持も難しいとき。

だからこそ、やれることをやる。

大会が始まった時に慌てず、どっしり構えていられる準備をする

イザワカップというジュニア大会を運営しているもので、子供たちの今を感じることができます。

大会を純粋に楽しむ子供、純水に勝ちに来ている子供、今後の成長のために頑張る子供。

いろいろな子がいます。

感染はなお減らず、最多更新という状況。

いつかは収まるけど、それはわからない話。

ウイルスにしても、テニスにしても、今できることに尽くすしかないと思います。

どうせ、だって、そんなこと言っても変わりません。

今やれることをやろう!

そう思い日々を過ごす毎日。

今日は久しぶりに天気も良く、夜も子供達と汗を流すことができました。

上手くなりたい、結果を残したい、そんな気持ちが伝わってきて、もっと自分もコーチとして勉強だな

改めて思いました。

結果の世界

やるべきことをしっかり把握して、心を鬼にしてやるべきことを妥協せず子どもと共に頑張る

勝ちに向かう道筋、今やるべきこと、頑張る!

明日は練習試。

じっくり観察させてもらおうと思います。

がんばれみんな!!

一ツ谷

http://ssaizawa.com
大会要項、イザワについて、よろしければ検索ください!

プロフィール

panda

Author:panda
株式会社湘南スポーツアカデミーコーチングスタッフ一ツ谷と申します。
現在イザワテニスガーデン 、テニスガーデン綾瀬で日々レッスンを行なっております。
ジュニア育成を通して、子供達と共に日々成長できるよう頑張るです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
滞在中
現在の閲覧者数: