FC2ブログ

テニスは楽しいもの

2020/01/18 Sat

皆様あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

ブログの更新も新年のご挨拶も遅れてしまい、2020年出遅れましたが、今年も一歩でも前へ!その気持ちで頑張ります。

昨夜テレビを見ていて、話題のローランド様が言っていましたが、細かいところに気を使えない奴は、最後の詰めが甘い。と

以前も、そして現在進行形で一ツ谷の弱点である部分。

頑張ることしかできないと自負があります。

しかし詰めの甘さから失敗、もしくはあと少しのところで取りこぼす。

そこから学んで失敗は減るもののいい加減やめたい部分。

子供にも勝ちたければ、やるべきことを頑張ろう!

日々伝えています。

指導者がしっかりしなければ

気持ちを締め直さなければ。。。

と思った昨夜

まだまだ細かなことはできません。

だからこそ昨日最後まで打ち合いました

転びながらも走ったのかもしれません。。。

無理をして痛めた足をかばいながらですが、子供にも良い刺激があったようで何よりです。

今はともに走り、ともに打ち合うことしかできない。

以前よりも良いアドバイスはできますが、まだまだ目標には足りず本年の目標である、勉強ノルマを必ずクリアせねばなりません。

自分も子供達も前へ進む為にコートに来ています。

そんな子達と同じ目線、もしくは後ろから支えれるように、ふんずり帰らず自分も努力をして、昨年以上の結果をだしたい!


結果を求めれば苦しい時もある、でも苦しくてもテニスは楽しいものだと、楽しいからやりはじめて、続けてきたことを忘れずにやるのだと

勝利や上達

プラスのために日々やっていること、それは楽しいことなのだと

忘れずに精進です!

一ツ谷
スポンサーサイト



成長していないならやるしかない

2019/12/04 Wed

トップチーム、リトルチーム、ジュニアクラス、すべてを担当させていただいております。
日々子供達に技術指導、テニスを通じてモラルやマナーを教え、子供のお手本になるべき役割。
しかし、自分自身胸を張って最高の人間とはとても言えません。
失敗の連続で、叱られる、怒鳴られる経験の方が多いかもしれません。
だからこそ、問題点が多い子に関しては、なんとか自分が力になってあげたい、自分と同じような経験はして欲しくない、反面教師として力になる!そんな気持ちになります。
力になるためにも足りない自分のレベルを上げることが必要です。
より高い指導ができるように子供を通じ自分自身を成長させる。
これが目標です。
どんなことがあっても達成する。
努力を続けていれば目標に近づくことができる。
そう信じていました。
うまくできない子供にも、いつかできる!だから諦めずトライしよう!失敗した事はもう考えない、それを糧に前に進む事を考えよう!背中を押
してきました。
子供に言ったからには自分も頑張る!
大丈夫できる!
そう思っていました。
たしかに、失敗をしても学習して、次は同じミスをしない。
だからこそ進む。
同じ事を繰り返していたのでは前に進みません。
自分は前者になる!なっている部分もある!頑張る!
いつでもそう思っていました。
でも最近久しく思います。
やってきたつもりが、自分は結局何年も前から変わっていなかった。
全てではありませんが、自分で治したいと思っていた部分が変わっていなかった。
それは単純に努力が足りないから、成果も出ない。
これに尽きると思います。
やれば良いのです!
これで気づいて学習すれば良い。
頭ではわかりますが、今は別の気持ちです。
うまくいかない子、失敗してしまった子は、こういう気持ちだったのかなと。
時間が経てば元気になるかな、身体に力が入らない、こんな気持ちだったのかなと。
今まで物事を深く受け止めず、深く考えず生きてきた自分だったらこういう気持ちにはならなかったかもしれません。
でも今はそういう風に思ってしまいますね。
それ以外にも
自分の成長のなさに、がっかり感というか、なにやってんだよ!みたいな怒り、迷惑をおかけしたことに申し訳なさ。
あっているかわかりませんが、心、あたまがぐちゃぐちゃな状態です。
うまくいかない時、失敗した時、心が折れた時?自分は折れていないと思いますが
こんな精神状態なのかなと。
でもやる事は変わりません。
どんな状態になっても、コーチを続ける以上は頑張るのみ!
失敗を学習して、やるんだ。
できなければ前に進めない
達成するべき目標が、あるからこそ前に進むしかない
学習しなければ達成はない、前に進むこともできない
目標を達成する覚悟をもう一度持つ
何を自分はするためにここにいるのか
今一度考えなければならないと思います。
自分はちっぽけな人間
だからこそ倒れるまでやらなければいけない
覚悟をもて、達成するべき目標を見ろ、お前は何になりたいんだ、はっきりと思い描け、そして行動せよ
失敗も成功も糧にして、前に進む。
調子に乗らず、満足せず、気を抜かず、頑張る。
自分にとって頑張るとは、なにをどう行動する事なのか。
もう一度今一度、考え行動
という風に思いやるしかないかと思います。
とにかく一度休憩して、頑張れ自分!
一ツ谷

障害物を超えて行け

2019/11/06 Wed

全くブログが進まず反省です。

最近の一ツ谷

夏は暑く、身体が持たないと思い一度トレーニングを勝手に休憩

9月より開始!急にやりすぎて腰をやっちまう

10月から腰が治ったところで、長い風邪

そして本日、左腰を痛めました。

自分が同じ目にあったとして

これは不運!残念だったね

暑かったからしかたないよ!

と思う人もいるかと思います

しかし自分的には、身体が弱い、体調管理もできていない、暑いという言い訳を作り自分を逃げる方向に向けた

結局己が弱いだけ

と感じます。

暑い中選手は頑張っていた

体調を管理してやっていた

勝ち進む人はやっている

目的に向かって突き進めば、平らな道ばかりではありません。

デコボコ道、山あり谷あり、高い壁、様々な障害物が行手を阻みます。

あきらめれば簡単です。

障害物という試練、大変なことから逃れますしね。

向き合う必要もありませんから楽チン極まりないです。

しかし目的を達成したい、どうしても達成したい!

そんなふうに思えれば突破していくだと思います。

もちろん人の力を借りて、知恵を借りて進むのでしょう。



突き破って突破する!

乗り越えていく!

しかしですね、そこまでして進みたくはない

突き破る?

そんなことは自分にはできない

乗り越える?

そんな大変なことしてまで進みたくはない

そんなこと言い出したらどうしますか?

だったらお前なんかやらなくて良いー!

中途半端にやりやがって!さっさとやめろ!!

と言いますか?

その子本当に辞めると思います。

一ツ谷思うのですが、その子が何かをやりたいと言い出した。

その瞬間は希望や夢など大なり小なりあったのではと思うのです。

しかし、現実は違った。

やってみれば思ったよりも大変、苦しい、うまくいかない、なんか違う、自分には合わないんだなど、挫折?のようになり

逃ていくようになる

気の良い仲間を見つけてふざけだす

楽しいことだけやる

違うスポーツをやる

そんな不真面目な状態では行けないと思い辞める道を考える


その子の人生ですから、好きなこと思いっきりやったら良いと思います。

しかしですよ、何事もやってみれば違う

障害物が色々ありますよね?当たり前ですよね?

それを乗り越えるときにレベルアップするのではないでしょうか?

だから周りの大人はその子を支える

できると励ます、夢を諦めるなと背中を押す

一緒に苦しむ、、、

支えが必要なのでは?

もともとできる子は何でもないです、簡単に乗り越えていきます。

でもそんな子だって、この先大変な障害物がある訳です。

結局乗り越えていかなくては先には進めないのですよ


自分の子供には強く生きてほしい

と思います。


人生順風満帆に進むわけがない

取り除けるならば、親が身を削り風除けになり、正しい道を全て指し示すナビになる

そんなこと思いますが無理かと

結局親の方が先にいなくなるわけで、子はその後生きていく

だったら己が生きるための力はつけてほしい

 そのために両親ができることは何なのか?

たくさんの愛を注ぎ、でも甘やかすわけではなく、子供が一人で乗り越えていけるようにサポート、あくまでサポート。前に出ることではない

自分は現在そう思います。

他の正しい答えもあるかもしれません

しかしですね、これだけは最後に書き込みたい

両親は、子供の成長を妨げる行動はやめていただきたい。

見守ってあげてほしい、危なくなった最後にでてきてズバッとやってほしい。

守ってしまっては、子供は自分で何もできなくなります。

あれもこれも、洗濯掃除食事すべて身の回りのことをやってもらった子供が自分でやるんでしょうか?

自分はやらなかったですよ。

親のせいにはしませんがね。

だから、こそ親から離れて分かったことは多い。

可愛いからこそもっと旅をさせて欲しかった、

旅をさせれる状態ではなかったかもしれません。

でもだからこそ、子供にやらせてほしい

大変なことが起きないように見守ってほしい

障害物を超える力を身につけさせてほしい

そんなことを思います。

強くなる!強くなりたいと思うのは本人。

何事も平ではない。

だからこそ、歩き方を学べるのかと思います。

でも大変

だからこそ全力でケア、サポートが必要なのではと。

子供たちよ

強くなっている人たちは、1人の力だけではないのですよ。

コーチ、スポンサー、大会会場のスタッフ、もちろん支援してくれているご両親

みんなで障害物を乗り越え、より先に、より高い場所に行けば良いのです。

周りを頼りなさい

1人の力は限度がある。

頼って得た勝利はもちろん本人の力です。

実力というやつです。

自分の力なんだけど、1人だけの力ではないこと、理解してくださいね。

最後上手くまとまりませんが、親もコーチも、子供の成長のためにできることを頑張りましょうという話でした。

一ツ谷



本当の意味で勝ちたいと思ってる?

2019/09/19 Thu

昨日の練習ですが、雨でコートは使えない。

じゃあ冬に向けて体力づくり!

そうだ!江ノ島に行こう!



距離、コンディションを考えても厳しい!

しかし、最後まで一ツ谷によくついてきて、いや。。

食らいついてきたという表情でした。

何度か色々な子と江ノ島まで走りましたが、誰一人最後まで行ける子はいませんでした。

今回は本当に最後まで走り抜いて、嬉しく思います。

江ノ島に行く意味とか、走ったから勝てるのか?とかではなく、本当に頑張れますか?

というのがこのランニングの意味。

誰だってコンディション悪く、長い距離を走るのは嫌ですからね。

何かを成し遂げるということは、楽しいことばかりではありません。

山あり谷あり、でも達成したいことがあるから頑張る!

勝ちたいから最後までボールを追う。

練習をする理由、頑張る理由はシンプルで良いと思います。

そんなにやったら身体が壊れてしまう、次の日の練習ができない、疲れて集中ができなくなってしまう


何言っとんネーン!!

って思いますね。

誰も怪我しろとは言っていない、大事な大会の前ならそこまで追い込まなくても良い

何にもない時に、苦しいことから逃げる、目の前のボールではなく、明日の心配

あなたが今やるべきことは何?

明日の心配?どうなるかわからない体の心配?

未来のことを考えたって不安しないのではないか?

今頑張らなくて、未来があるのか?明日があるのか?

明日のために今日頑張る!

その積み重ねが、未来!勝利につながるのではないのか?

ジュニア時代は終わりがあるのですよ

早く気づいたもの勝ち!な様にも思いますね。

だからと言って無理やりやらせれば、本人は暗い顔

だから、頑張る方、つまり本当の意味で勝ちたい方が集まって練習したいですね!

そんな方々を完璧に導ける!

そんな指導者を目指し、一ツ谷も口だけでなく勉強ですね。

とにかく行動!行動ですな

明日はリトルチーム!

頑張ります。

http://ssaizawa.com

勝つための頑張りならしかたなくやる

2019/08/22 Thu

トップチーム本日から練習再開です。

お休みのせいか体が鈍っているなーっと思う場面もちらほら。

休みの時まで練習しないはー!というのが普通ですし、楽しく試合をやりたい方はそれもOK

コーチ自身としては、なにやっとんね!

やるならもっと徹底的やらんかーい!

どこに向かって己はやりたいんだー!

目標を決めたところで、そこに行けるとは限らない。

目標以上のことをやって、やっとそこに行けるかもしれない

やり過ぎくらいでちょうどいいんじゃーい!

簡単にミスして勝てるわけないだろうがー!

と内心思いますが、本人たちがそこまで望んでいない以上、実行したところでなにも作り上げることはできないでしょう。

今の時代パワハラ?とか言われようが一向に構いませんが、それで本人たちが求めていないのに実行するのはどうかと思います

本人たちがやりたい!目標高く頑張りたい!

そう思った時に一ツ谷はじゃあこれを頑張ろう!

苦しいけど、しかたなくても良いから頑張ろう!

一緒に頑張ろうね!

と応援をしたいですね

自分だって全国1番になる努力をしたのかと問われれば、当然NOです。

でも少なくとも周りの人達よりも一球でも多く打つんだ、拾うんだ、諦めちゃあかーん!!

と思いながら非効率な練習をただ頑張っていたと記憶しています。

時はたち、こんなに効率の良い練習、コーチ側もアドバイスができる

みんなもっとやれば良いのに、もったいないと思う日々。

みんながみんなチャンピオンにはなれないのも事実ですが、誰だってチャンピオンを目指すことはできる、なる為に必要なことにトライすることは出来る、結果がどうなるかは大会当日までわからないけど、やれば良いじゃないか

そんな簡単に行かないもんなんですかね

勝ちたい!

じゃあやれば良いじゃないか

自分の頭がバカすぎて簡単に考えてしまうのか?

いや~簡単で良いのではと思います

そんなにやったら疲れてしまう?怪我してしまう?苦しいのはいや?でも勝ちたい

甘ったれて試合に勝てたらみんな苦労しないわー!

なんて事は言えませんが、 そんなに試合で勝つのは簡単じゃない、そう思います。

青春は一瞬!なんかの台詞であるかも

だからやったらいいのに

遊びたいのもわかる、辛い事は誰だって嫌だー!それもわかる

でも、勝ちたいならしかたなくでも良いから頑張ろう!

それだけじゃダメなんでしょうかね。

大人になっても遊べるぜ👍

とにかく明日も頑張ろう!

前に進める頑張りを!

一ツ谷



プロフィール

panda

Author:panda
株式会社湘南スポーツアカデミーコーチングスタッフ一ツ谷と申します。
現在イザワテニスガーデン 、テニスガーデン綾瀬で日々レッスンを行なっております。
ジュニア育成を通して、子供達と共に日々成長できるよう頑張るです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
滞在中
現在の閲覧者数: